AGAになってしまったらどうすればいいの?

agaになったらどうすればいいの? 悩み事
スポンサーリンク

自分も現在進行形ですが

AGA

所謂

薄毛(男性型脱毛症)

のことですが

AGAになってしまったら一体どうするべきなのでしょうか。

デリケートな問題故に周りにも相談しにくいこの悩み。
徹底的に解説していきたいと思います。

本記事は

  • 将来AGAになるかもしれないと不安な人
  • もしかしたらAGAが発症したのではないかと疑っている人
  • AGAと実際診断された人
  • AGAを改善したい人

上記の方々に参考になるように執筆してまいりますのでぜひご覧ください!

スポンサーリンク

AGA

AGAとは

男性型脱毛症

とも言いますが、簡単に言うと薄毛のことです。

ごくまれに女性も発症するようですが、数的には圧倒的に男性の方が多いとか。

知っておいた方が良い事

まず予めAGAについて知っておかなければならないことがいくつか存在します。

AGAは勝手に改善しない

どんな病気でもそうなのですが、AGAも同様に放置していても症状が改善されることはありません。
AGAの症状が出始めたら、もうあとは該当部分がなくなるまで突っ走るだけです。
但しAGAが発症したからと言って命に関わる病気ではないので、治療をするかどうかは自己判断になります。

治療することで症状が改善されるが治るわけではない

AGAは実際に投薬治療などで症状が改善されます。
しかし、「治る」わけではなく「改善」されるだけなのです。ですので、髪の毛が増えて人並みになったからといって投薬などを辞めてしまうとまた抜け毛が増えて元通りになってしまうため、一度踏み出したら後戻りはできません。

保険が適用されない

上記に書いた通り治療するしないは個人の判断になります。AGAが発症したからと言って命に関わることではないからです。
よって保険が適用されないので医療費が全て自己負担になります。
扱いとしては整形などと同じと思えばよいですね!

但し精神的な面での脱毛など一部保険が適用される場合もあるようです。

注意点まとめ

Point
  • AGAは発症すると治療しなければ症状は進行する
  • 治療で「治る」のではなく「改善」されるだけ。薬辞めたらまた髪の毛が抜けだす。
  • 治療は自由診療になるため保険が適用されない(一部保険適用有の脱毛症もあり)

将来AGAになるかもしれない人

まずは自分がAGAになってしまうかもしれないと心配な方。

AGAはどうも遺伝性らしく

母方の祖父

の影響を受けやすいようです。

一概にとは言えませんが母方のじーちゃんがハゲているとハゲる可能性は一気に増えます。

ちなみに筆者は現在30歳ですが、25歳か26歳ごろから薄くなり始めました。
祖父も20代で髪の毛が薄くなったと自分に言っていたので、かなり影響力が強い物と思われます・・・。

みあ
みあ

薄くなる年齢まで似たようなもんとなると信憑性が高いな

ですので、まず自分の家計を見てみましょう。

頭皮への負担は薄毛に近づく?

パーマやカラーなど若い頃に頭皮に負担をかけると薄毛になるのではないかという人もおられるようですが、個人的にはあまり関係ないと思っています。

テレビを見ているとお洒落な髪色やお洒落な髪型の男性アイドルなどが多数見受けられますが、どの方も薄毛な人はいませんよね。
まぁ治療をしている可能性もありますが、自分の周りでも若い頃から髪の毛を触りまくっているのにフサフサな人はいくらでもいます。
自分もパーマにカラーになんでもござれだったので説得力に欠けますが、祖父の遺伝をかなり感じてますのできっと頭皮への負担がAGAへの直接的な原因とはならないと考えます。

但しAGAが発症してからは頭皮環境はかなり大事になってくるので負担をかけることは極力避けるようにしましょう。

将来が不安な人まとめ

Point!
  • 母方の祖父の影響を受けやすいので家計を確認してみる(必ず薄毛になるとは限りません)
  • 頭皮への負担がAGAの直接的トリガーになるとは考え難い

もしかしてAGAが発症してしまったのではという方

次にAGAの疑いがある方

自分を例にしてお話ししますが初期症状として

頭頂部とM字部分の強烈な痒み

そして

謎のフケ

がありました。
勿論抜け毛の多さは言わずもがなです。

そこまで深刻に捉えていなかったので、痒いので無意識に掻いてしまっていたわけですね。

フケに関しては乾燥肌なので、皮膚炎がついに頭にまできたかと思っていました。
当然毎日お風呂で頭は洗っていましたし、不潔にしていたわけではありません。

フケがあまりにも止まらず痒みもあったので、後日皮膚科に行ったところ薬用のシャンプーを処方されたのですがカルテを見たら「AGAの疑い」と書かれており、自分がAGAだと知りました。

診察してもらった方がよい

AGAが発症すると抜け毛が本当にひどくなります。自分は元々切れ毛も多かったので分かりにくかったのですが、落ちている髪の毛を見て毛根がついているようなら残念ながら・・・(-_-;)
切れているだけだったならもう少し髪の毛を労わってあげてください。手遅れになりますよ。

話は逸れてしまいましたが、ここでAGAかもしれないと思ったら診察を受けましょう。
診察をしてくれる機関は2か所あります。

AGA専門のクリニック

一時期はCMなども良く見かけましたが、AGAを専門とするクリニックが存在します。

専門と言うだけあって、経済事情や体質に合わせて様々な治療法を提供してくれるありがたい存在。
しかしながら、店舗数の点で言うと少ないため近場にないという難点が。

皮膚科

「AGA治療が当院で行えます」と記載のある皮膚科であれば診察をしてくれます。
AGA専門のクリニックよりは圧倒的に数も多いと思いますが、AGA治療を行っていない皮膚科もあると思いますので、事前に調べてから行きましょう。

AGA専門クリニックと皮膚科の違い

AGA専門のクリニックも皮膚科も診療は出来ますが治療の面で違いがあります。

AGA専門クリニックの場合

先にも書いた通り、専門のクリニックでは様々な治療法を提供されます。

  • 現状維持を目的とした治療
  • 薄くなっている現状からさらに髪の毛を増やす治療

大きく分けると上記2種類の治療が提案されます。
皮膚科よりも一人に対する診療の時間はかなり長くとってくれるので安心感はあると思います。
※治療内容につきましては「実際にAGAと診断された人」の項目で詳しく記載

薄毛改善の為なら出費も厭わない!と言う方におすすめです。

皮膚科の場合

皮膚科では「現状維持を目的とした治療」のみになります。

なので、髪の毛が減ってしまってもうどうにもならない!という方はどちらかと言えば専門のクリニックをおススメします。
しかしながら皮膚科でも髪の毛を増やす方法はないわけではありません。処方される薬が現状維持しか出来ないだけです。
※詳しくは「実際にAGAと診断された人」の項目に記載します。

AGAだと診断された方

実際AGAと診断されてしまったらどうすべきなのでしょうか。

AGAはしつこいようですが自然に治癒するもんではありません。
なんらかの治療を施さない限りドンドン髪の毛が抜けていきます。
そしてその治療法ということで、「専門のクリニック」と皮膚科の違いを説明していきます。

専門のクリニック

専門のクリニックでは金額に応じて様々な治療法を提案されるかと思います。

  • あまりお金を使えないと言えばこれ以上ひどくならないように現状を維持する治療としてプロペシア等の内服薬のみでの治療
  • それなりにお金を用意できると言えばプロペシアに加えてミノキシジルの内服薬での治療
  • とにかくいくらでも払うから髪の毛を生やしたい!!と言えば内服薬+頭皮に直接投薬する治療

と言う風に自分が提案されたのだと上記3つでした。
ちなみに私はミノキシジルとプロペシアの内服薬にて治療を行いましたよ。頭皮に直接投薬するのは一回で数万円だか数十万円だかとにかく凄まじい金額だったのを覚えています。

上記に加えて専門のクリニックだと対面ではなくオンライン診療などが活用できます。
これは新型コロナウイルス流行は関係なく、それ以前から取り入れられていました。
恐らくですが薄毛治療はデリケートな問題ですので、いかに人に会わずに治療が行えるかという観点からオンライン診療が取り入れられているのではないでしょうか。
予約から診療まで自宅で行えるので本当に誰にも会わずに治療が始められます。

皮膚科での治療法

AGA治療を行える皮膚科でも治療は出来るのですが、皮膚科での治療は現状維持を目的とした治療のみです。

薬を処方されてもプロペシア等の抜け毛を無くす薬ですので、髪の毛の本数を増やすことは薬のみでは行えません。
しかしながら、リアップやメディカルミノキと言った市販でも購入できる外用薬を併用することで、本数を増やす育毛も出来るので、皮膚科を受診される方は外用薬も試すといいでしょう。

皮膚科なのでちゃんとした病院で治療するという安心感や、薬も一種類のみなので比較的低価格から治療を始められることもありメリットはしっかり存在します。
どこもこうだとは言わないのですが、専門のクリニックでお金がないので現状維持の治療だけしたいと言うと、出来ればミノキシジルで増やす治療も並行して行った方がいいですよなど押される場合もあります。押しに弱いという方は皮膚科に行ってみてはいかがでしょうか?

AGAの治療法まとめ

専門のクリニック
  • 金額に応じて様々な治療法を提案してくれる
  • オンライン診療にも対応してくれるため人に会わず、自宅で薬を処方してもらうことも可能。現在のコロナ禍においては人と会わなくて良いのもGood!
  • 自分の行ったクリニックは受付やカウンセリングなどとにかく女性が多かった
皮膚科
  • 治療法が一つしかないためわかりやすい。
  • ちゃんとした病院という安心感がある。
  • 専門のクリニックより圧倒的に数が多いため、しっかりと話をしたい方などは皮膚科がおススメ。
  • 処方された薬と市販の外用薬を併用することで専門のクリニックに近い治療を目指すことも出来る。

さらに価格を抑えたい人のための裏技

上記に紹介した治療は一番価格を抑えても大体月5,000円~10,000円といった具合ですが、さらに価格を抑える方法も存在します。
それは

個人輸入サイトにて薬を購入する

です。

上記の方法で購入するとミノキとプロペシアを購入しても月5,000円前後。
経済的に苦しい人にとってはかなりありがたいです

副作用等何が起こっても自己責任になってしまうのが唯一にして最大の欠点です。

ですのでどうしても個人的に購入を考えておられる方は、病院等で薬を飲んでも大丈夫な体質か診てもらうと良いと思います。
専門のクリニックでは問診があり血液検査などもしてくれるので、必ず一度は診てもらいましょう。背に腹は代えられません。

終わり

現代においては薄毛は治療などで改善できるようになりました。
しかしながら、薄毛に悩む方は多いのもまた現状だと思います。

自分もその一人ですが、体調の面もあり一切治療は出来ておりません笑

髪の毛が薄くなってきたけどどうすればいいかわからない人方が少しでも参考にしていただけたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました